口腔外科

親知らずの抜歯

正しく生え、また正しく歯みがきできている親知らずは、通常抜歯の必要はありません。
ただし、生え方が適切でなかったり、埋まったまま歯茎を圧迫していたり、どうしても歯ブラシが届かない親知らずは、抜歯を検討する必要があります。
痛みが出るとは限りませんので、20歳前後の段階で一度診せていただけましたら、抜歯・非抜歯の判断についてアドバイスをいたします。難しい抜歯にも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

顎関節治療

「口を大きく開けることができない」「顎が痛い」「口を動かすと顎から音がする」といった、顎の関節や筋肉の症状を総称して「顎関節症」といいます。顎関節症は生活習慣病的な側面が大きいため、患者様ご自身によるケアが治療のメインとなります。その上で、痛みや口が開かないなどの症状を改善させるために、顎の関節や筋肉に負担がかからない動きをご指導したり、サポーターを装着することで症状緩和を図るなどの治療を行います。

福利厚生クラブ

歯のことなら堺市南区の
こばやし歯科まで
ご相談ください。